格安スマホのおすすめです

格安スマホがなぜおすすめなのか?

格安スマホ,おすすめ,DMM

格安スマホとは、ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯電話会社以外が提供する、比較的安いスマートフォンの通信サービスのことです。ドコモなどのキャリアの制限なしに利用できるSIMフリーのスマホやタブレットを利用します。

 

テレビCMでよく見る、DMMモバイル、OCNモバイルONE、ワイモバイルなどは有名です。
どれくらい安いかというと、普通のスマホが7000円だとすると、格安スマホはその半額以下になります。
会社によっては1000円を切るサービスもありますから、使わない手はありません。
とにかく安いからおすすめなんです!
どれを選んでよいか悩ましいところですが、簡単にご紹介しましょう。


格安スマホの内容とは

格安スマホ,おすすめ,DMM

格安スマホでは音声通話とデータ通信の両方を選択できますが、データ通信だけという選択も格安スマホでは可能です。
一番要望が多いのは、データ通信+音声通話のサービスがあってスマホ端末があるというサービス。
電話番号を変えたくない人はMNPという同じ番号を使えるサービスがあります。
おすすめの格安スマホをランキングと特徴でご紹介しますから、自分好みのサービスを選んでください。


@格安スマホで信頼と安定ならIIJmio(みおふぉん)

今、当サイト調べで一番人気が「IIJmio」(みおふぉん)。
格安スマホ利用者の声を聞いていますが、もっとも高い評価なのがIIJmioです。
IIJはインターネット業界では高い技術で評価されている会社です。
ある意味、日本のインターネットを支えてきた会社と言っても過言ではないのです。

 

だから、格安スマホでも安定した信頼度の高いサービスを提供しています。
そのことから、多くのユーザーが利用しているというわけです。
もちろん格安スマホだから料金は格安。
価格的にも安心できるものです。

 

おすすめプランは「音声通話機能付きSIM みおふぉん ライトスタートプラン3GB」の1600円。
また、ドコモのスマホを持っていたら、それをそのまま使えるケースもありますよ。
そうしたら1600円でOKです。
まさに格安です。

 

●ポケモンGO専用機が月額1850円(※条件つき)

 

「ポケモンGO」をやるならIIJmioの「ASUS ZenFone MAX」がおすすめ。
何と言ってもポケモンGOはバッテリーを食いますから、大容量のスマホが一番いいんです。
「ASUS ZenFone MAX」はなんとバッテリーは5,000mAhで、他のモバイル機器にも充電可能!
普通のスマホが2500mAhくらいだから約2倍バッテリーがもちますよ。
ただし、ジャイロスコープという機能がないのでARモードは使えません。
それに、apkファイルをダウンロードするか、最初にほかのポケモンGOができるアンドロイドスマホからAPKファイルをもらわないといけません。
ちょっと面倒ですが・・・。
↓を参考にしてください。
ポケモンGOをAndroid非対応端末でインストール・ダウンロードしてプレイする方法。APKMirrorの安全性は?
格安スマホのAsus Zenfone MaxにポケモンGOをインストールする方法

 

 

 

「ASUS ZenFone MAX」は月額1250円の24回払い
メモリーはRAM:2GB/ROM:16GB
カメラのメイン1,300万画素、インカメラは500万画素
これで毎月支払う額は、データ通信専用3GBの600円と端末代1250円を足して1850円。
なんと1850円でポケモンGOがしたい放題。
ポケモンGOはそんなにデータ通信量は多くないので、この端末からデザリングして余裕の2台使いという手もあります。
最初に3000円の契約料が必要ですけど、あとは月額1850円で遊びたい放題。
これはいいね!!

「ASUS ZenFone MAX」は5,000mAhで月額1250円

 

 

通話代は「みおふぉんダイアル」を使って10円/30秒とちょっと高めなので、理想は、ガラケーと「ASUS ZenFone MAX」の2台持ちでしょうか。
通話はガラケー、通信はIIJmioのASUS ZenFone MAXというのが最も使いやすい形だと思います。

 

★ニュース:IIJは2016年8月より郵便局と組んで格安スマホサービスを開始。郵便局に置かれたカタログから格安スマホを注文すると、ゆうパックで自宅に送ってくれる。

 

http://www.iijmio.jp/

A格安スマホ中で最安でおすすめナンバー1はDMMモバイル

今、もっとも強気なサービスをしているのがDMMモバイル。
DMMモバイルは、最安を目標にサービスを提供しています。
だから、いま、一番人気です。

 

たとえば、データ通信量はライト、音声通信付き、新しいスマホを「Huawei Y6」にして、MNPにすると、月額通信量1140円+端末代850円=1990円です。
本当に格安ですよね。

 

 

このおすすめのスマホが「Huawei Y6」。月額850円(税込)の24回払いとなっています。本体価格15980円。
実際には基本料は、約1140円(税抜)。通話料は、20円/30秒。これはDMMトークというアプリを使えば、通話料金はこの半額になります。
SMS送受信料は、3〜30円/1通。(ショートメッセージですね)

 

データ通信量は、価格に入っています。超過すると、通信速度が制限されますが、お金が余分に請求されることはありません。ときどきウェブを閲覧するだけだったらライトで充分です。結構、ウェブ検索するよ、という方は1GBにしたほうがいいでしょう。1GBの通話SIMプランは1260円だから、端末代と合計して月額2110円です。

 

<おすすめの特徴>
●サービス価格が安い。
●家族で数台使って、データ通信容量のシェアが可能
●通信量制限時もバースト機能でスムーズな文字閲覧が可能
●ドコモのスマホなら、SIMロックがかかっていても、そのまま使えます。番号もそのままでいけます。
 (なぜならば、DMMモバイルはドコモの回線を使っているからです)

 

 

●ポケモンGO専用機が月額2277円

「ポケモンGO」をやるならDMMモバイルの「arrows M03」もおすすめ。
何と言ってもポケモンGOではスマホを持ち歩きますから、防水で手にもちやすいのがいい。
ジャイロスコープを搭載しているからARモードも問題なく使えます。

 

「arrows M03」は月額1797円の24回払い
メモリーはRAM:2GB/ROM:16GB
カメラのメイン1,310万画素。
おさいふケータイ機能あり。
ワンセグ機能があるからテレビを見られます。

 

これで毎月支払う額は、データ通信専用1GBの480円と端末代1797円を足して月額2277円。
なんと2277円でポケモンGOがしたい放題。
最初に3000円の手数料が必要です。
あとは2277円でポケモンGOWを遊びたい放題。

 

ただし、バッテリーは2580mAhだから、充電バッテリーは必要かも。
でも、省電力機能があるので、ほかのスマホよりは長持ちです。
それに防水なので、外でポケモンGOをやるには最適です。

 


防水で持ちやすいポケモンGO専用機「arrows M03」

 

↓の公式サイトをチェックしてください。
http://www.dmm.com/

B格安スマホでYouTube派におすすめはUQモバイル

YouTubeで動画をたくさん見たい人は多いですよね。
そんな人におすすめなのがUQモバイルのデータ無制限プラン。
データ無制限なのに月額1980円。

ただし、データ速度は500KBPSとLTEの150MBPSより遅い。
でも、500KBPS以上でていますから、YouTubeの360Pの読み込み設定ならスムーズに視聴可能です。

 

 

おすすめのセット端末は京セラの「KC-01」
ディスプレイは約4.5インチで qHDのTFT液晶 (960×540ドット)。
サイズはW64×H127×11.1(最厚部 約11.6)mmとiPhone6より小型でちょっと分厚い感じです。
重量は約133g(電池パック装着時)とiPhone6より少しだけ重いが、スマホとして軽いほうでしょう。
バッテリー容量2,000mAh

 

防水IPX5/IPX7、防塵IP5Xで、生活防水の充分なレベル。少しくらいの雨があたっても大丈夫です。
アンドロイド4.4搭載。CPUはMSM8926の1.2GHzクアッドコア。
内蔵RAMが1.5GBと少し変わった仕様。
内臓ROMが8GB。外部にはマイクロSDかマイクロSDHCが最大32GB搭載できます。
アウトカメラは約800万画素、インカメラは約200万画素。

 

ちなみにUQモバイルはauの子会社で、au以外からの転入のほうが価格が安くなるケースがある。

 

↓公式サイトでチェックしてください。
http://www.uqwimax.jp/

C格安スマホで会話派におすすめナンバー1はワイモバイル

一般的に、通話が多い人におすすめなのがワイモバイル。
1回10分以内の通話が月300回まで無料というサービスがあるんです。
この通話サービスと1GBのデータ通信の「スマホプランS」だと2980円/月額。

 

これに月額1080円の「スーパーだれとでも定額」を利用すると、時間と回数の制限がなくなります。
おしゃべりな人にはワイモバイルの「スーパーだれとでも定額」がおすすめ。

 

「スマホプランS」2980円+「スーパーだれとでも定額」1080円=4060円で、話したい放題で1GBデータ通信。
スマホプランMは3GBで3980円
スマホプランLは7GBで5980円
そんなに動画を見ない人なら、スマホプランSで大丈夫。

 

 

そして、今、おすすめがiPhone5S。
スマホプランSで端末代込みで3,218円/月と格安です。
これは32GBのiPhone5Sの場合で、16GBなら2,894円/月。
でも、32GBがおすすめです。
つまり、約3000円でiPhone5Sが使えます。
それで、通話はほぼしたい放題。データ通信は1GBです。

 

もし、本当に話し放題にしたいなら、「スーパー誰とでも定額」1080円を利用しましょう。
iPhone5Sでおよそ4000円で話し放題でスマホ生活が楽しめます。

 

★2016年6月1日より、スマホが月額1980円(税別)からと通常料金より1000円安く利用できる割引キャンペーンを開始。
乗り換えか新規契約で2年契約を結ぶと1年間にわたり月額料金を1000円割り引きがある。

 

↓公式サイトでチェックしてください。
http://www.ymobile.jp/

D格安スマホで通話回数が多い人におすすめの楽天モバイル

今、もっともバランスがよいサービスをしている格安スマホが「楽天モバイル」。
おすすめの「5分かけたい放題」という先進のサービスを開始したからです。
5分以内の国内通話なら何度かけても月額850円というサービス。
これはほかの格安スマホにはありません。
これで会話に弱いという格安スマホのデメリットを克服しました。

 

いま、人気急上昇で格安スマホの通話SIMではシェア20%を獲得。
通話サービスも充実したバランスよいサービスが評価されています。

 

だいたいのお値段は通話SIMが3.1GBで月額1600円。
これに「5分かけたい放題」で月額850円。合計して月額2450円。
これがおすすめのプランで、これに端末代がのります。
「5分かけたい放題」で月に3.1GBのデータ通信ならば普通の人ならOKでしょう。

 

端末は月額540円から揃っています。キャンペーンによっては激安になることもあるので要チェックです。

 


人気機種の「zenfone 2 laser」
16GBモデルで27800円。月額1251円で購入できます。
先程のおすすめサービスで通信通話代金とあわせて月額約3700円でスマホを楽しむことができるでしょう。

 

また、楽天モバイルでは「出張申し込みサポート」という、端末とSIMが届いた後に使い方などをサポートしに自宅に来てくれるサービスがある。
格安スマホに不安がある方は、この「出張申し込みサポートを1回8300円(税別)で利用すると安心かもしれない。

 

↓公式サイトでチェックしてください。
http://mobile.rakuten.co.jp/

E格安スマホで音楽好きなヘビーユーザーにおすすめなのがU-mobile

●U-mobile通話プラス USEN MUSIC SIMにすれば150万曲をいつでも楽しめます。これがLTE使い放題で2980円とお得です。
●それに映画、コミックなどの映像サービス「U-NEXT」のポイントが600ポイントもらえます。
MNP届け出方式にすれば、ユーザーが希望する日時にサイトで切り替えができるので、切り替えるときの空き時間がありません。

 


iPhone6のSIMフリー版も安ければ4万円台で手に入るので、それでLTE使い放題という手もあります。

 

↓公式サイトでチェックしてください。
http://umobile.jp/

YES,NOでおすすめの格安スマホ・タイプ診断

おすすめの格安スマホが見つからない人は↓のYES、NO診断であなたの格安スマホを見つけてください。
簡単な質問に3回、YES、NOを答えるだけで、あなたにおすすめの格安スマホがわかりますよ。

 

格安スマホ・タイプ診断

格安スマホの一覧

代表的なおすすめの格安スマホの一覧をご覧ください。

 

  特徴 最安データSIMプラン(税抜月額) 通話SIMプラン(税抜月額) おすすめタイプ 最低利用期間 WiFi 特記事項
DMM mobile 業界最安値 @最安のデータ通信プランを提供Aバースト転送:低速時の快適読み込み 440円(最大通信速度200KBPS)850円(3GB) 基本料1140円21.6円/30秒(税込) データ重視 12カ月音声   業界最多プランで最安宣言
楽天モバイル @5分間かけたい放題プラン(850円)A月額料金初月無料。楽天ポイント 525円(最大通信速度200KBPS)900円(3.1GB) 基本料1250円 通話+データ重視 12カ月音声    
Y!mobile @1回10分通話が300回無料A通話無制限が月額1080円 2980円(1GB)@1回10分通話が300回無料A通話無制限が月額1080円 通話重視 24カ月 ストレージ30GB無料。2年契約で1000円割引あり
OCNモバイルONE @日割り型と月割り型の通信容量プランAIP電話アプリ「050Plus」が無料で使用可能 972円(1日110MBまで。月間約3.3GB) 基本料1600円Aで同じアプリ同士は無料。その他は携帯18円/分、一般8円/3分) データ重視 6カ月音声 OCN ホットスポット 定額プランが300円 MVNOシェアNO1(2015年3月)
IIJmio(みおふぉん) @通話アプリ「みおふぉん」で通話量が半額A通信速度の切り替え可能 900円(3GB) 基本料1600円10円/30秒(みおふぉんダイアル) データ重視 約1カ月 顧客満足度NO.1MVNOシェアNO2(2015年3月)
BIGLOBE SIM スマホ @WiFiサービス無料利用可能A通話アプリ「BIGLOBEでんわ」で半額 900円(3GB) 基本料1600円21.6円/30秒(税込) 一般ユーザー 12カ月音声 Wi-Fiスポットあり MVNOシェアNO3(2015年3月)
TSUTAYAのスマホTONE @端末代込で月額1000円、2000円のシンプルさATポイントが貯まるスマホ 基本料1000円(税抜)無制限:通信制限あり 基本料2000円(税抜)18円/30秒(税込) 一般ユーザー 24カ月   TSUTAYA提供
mineo(マイネオ) @au回線利用可能A高速通信の切り替え可能 756円(500MB) 基本料1310円(500MB)LALACALL無料利用で携帯18円/分、一般8円/3分 ライトユーザー なし   ※2015年9月からドコモも利用可能
UQモバイル @auスマホで利用可能なケースありA500KBPS無制限のサービスあり 1058円(3GB) 基本料1680円21.6円/30秒(税込) データ重視 12カ月音声   KDDI提供サービス
エキサイトモバイル @LTE対応SIMカードが業界最安A通信量を翌月持ち越し可能 770円(2GB) 通信ユーザー専用 2カ月   データ通信カードのみ
U-mobile @LTE使い放題プランあり2980円A電話アプリ「UーCALL」で半額に 790円(1GB) 基本料1580円10.8円/30秒(U-CALL) 一般ユーザー 6カ月音声12カ月LTE使い放題プラン2   LTE使い放題プラン2の通話SIMが最安2980円
Nifmo @ショッピングサービスが充実AWiFiサービスが無料利用可能 900円(3GB) 基本料1600円(3GB)20円/30秒 データ重視 6カ月音声 BBモバイルポイントが無料 バリュープログラムで買い物特典あり
COPILA mobile @1GBで最安級のサービス価格A通話+データ無制限3981円 650円(1GB) 基本料2057円21.6円/30秒(税込) データ重視 24カ月   LTE Xiで安定通信

 

海外旅行のスマホ
格安スマホ おすすめランキング
格安スマホのおすすめ
http://grossepipe.net/